公認心理師って

2015年9月9日に公認心理師法が成立し、2017年9月15日に同法が施行され、国内で心理職としては初めての国家資格が誕生しました。
第1回公認心理師試験が実施されたのは、2018年9月と12月(北海道追試験)です。合格後に認定手続きを最短で行ったとしても、公認心理師を名乗ることができたのは年が明けて2019年になってからです。

第1回公認心理師試験には、多くの臨床心理士が臨んでいます。
公認心理師はできたばかりの新資格なので、
「誰が取れる資格なの」
「臨床心理士と何が違の?」
「どういうところで働くの?」
といった質問をよく受けます。

先日、ハローワークの相談員と話す機会があり、その方から上記の質問に加えて「私たち(ハローワーク職員)にも受験資格ありますか?」と聞かれた時には、驚いて少しあたふたしてしまいました。就職のプロから資格について問われるというとても貴重な経験をし、改めて新資格なのだなと実感しました。
今はまだ、公認心理師の多くは臨床心理士有資格者が多いので、職業の領域はほぼ同じだと思います。
ぜんとスタッフも、臨床心理士は公認心理師資格を取得しています。

現在は移行措置として特例があり、保健医療、教育、福祉、司法・犯罪、労働・産業の分野で心理職として実務経験を有する方が受験しています。臨床心理士有資格者ではなくても、企業内でメンタルヘルスにかかわってこられた方、保健所で相談業務に当たっていた方、家庭裁判所や矯正施設で相談業務を行ってきた方等、現場で心理職として実務経験がある方は受けることができます。
移行措置期間である5年を経過した後は、受験に必要なカリキュラムを備えた大学・大学院を卒業していることというのが公認心理師受験資格の主流となっていきます。

2019年から、臨床心理士が公認心理師の資格を得て、これまで以上に企業や職場のメンタルヘルスケアにあたる機会が増えていくのかもしれません。

ぜんとは、心理臨床歴10年以上の国家資格取得者がメンタルヘルスケアを提供いたします。