よしだよりVol.3:3つのスタート(2022年3月)

4年目スタートを機に

いつもお世話になっております。
合同会社ぜんと代表の吉田克彦です。月1回のおたより、3回目となります。
一日ごとに日の差す時間が増えていき、日差しも暖かく過ごしやすい時期ですね。これで花粉さえ飛ばなければ、本当に良いのですが…。
そんな穏やかな毎日ですが、世界に目を向けると戦争がはじまりました。そのようなニュースを見るに、攻撃におびえることもなく外に出て日差しの温かさに感激し、花粉の飛散に文句を言っている私たちは幸せ者なのでしょう。このような些細な幸せを大事にしたいものです。

某Noteで連載企画をスタートします

別に隠す必要もないのですが、まだリリース前なので少し勿体ぶって、今月から某Noteに連載を開始します。9日(水)17時スタート。毎月第2・第4水曜日に更新の予定です。
内容としては、私が20年以上実践しているブリーフセラピーと家族療法について、心理職の方はもちろん、誰もが仕事や家族関係で活かしてもらえるようにわかりやすく紹介しております。
難しい本質の部分までできるだけわかりやすく、誰でも実践できることが目標です。私の文才のなさと表現力の乏しさを痛感しつつも頑張っております。
今月中にはスタート予定です。スタート次第、こちらでも連載にまつわる補足など執筆後記のようなものを書いていきたいと考えております。

入札への参加開始

自治体や国の出先機関などの2022年度の業務を請け負う入札に参加いたします。入札に参加するというだけで実際に落札できるかどうかは全くわかりません。当然のことながら弊社としての採算ラインもあります。したがって「とにかく安く落札しよう」という考えはありません。弊社として持続可能なサービスを提供できる範囲で入札金額を決めていきます。今年はまずは参加して様子を伺いたいと思います。もちろん、入札に参加する以上は落札した場合に充分なサービスを提供できるような体制づくりもしております。

スタッフの増員

弊社は2019年2月に起業して、今年で丸3年が経過し、先月から4年目に突入しました。この間、立ち上げ時に賛同してくれたスタッフと顧問の先生方のみで活動を続け、スタッフの増員はせずにここまできました。おかげさまで相談件数が増え始めており、今年から入札にも参加するため、人員を増やしていこうと考えております。
オンラインカウンセリングや研修を行う会社の多くは、スタッフを業務委託でたくさん確保し、カウンセリングや研修の業務がある時間だけ報酬を払うというやり方がほとんどです。その結果、多くのスタッフ(公認心理師やその他のカウンセラー)を確保でき「○○人在籍」などと人数をアピールしていますが、実際は使い捨てのように扱って社員教育もしておらず、カウンセリングや研修内容についても会社として把握せず「それぞれにお任せ」の丸投げ状態がほとんどです。
弊社は業務委託で人員だけをただ増やすことに否定的です。スタッフに対して、しっかり教育を行い会社として自信をもってサービスを提供することが大事だと思います。したがって、これまでは起業時に集まってくれた気心の知れたメンバーだけで続けてまいりました。
ここで人数を増やしますが、引き続き業務委託は行わず、(とはいえ最初からフルタイムでお願いするのは難しいので)パートタイムで直接雇用しつつ、常勤化できるように努力してまいります。
カウンセラーを使い捨てせず、教育や研究も行い、弊社としての基準をクリアして責任をもってサービスを提供したいと考えます。

スタッフも利用者もすべての人が楽になるために

今月から3つのことが始まりますが、どれも目的は一緒です。とにかく「“ぜんと(弊社)”にかかわる人が楽になること」だけを目指しています。そのために、スタッフにもしっかりと給料を出しつつ相談者様の負担も減らすために出来ることはすべてやりたいと考えております。
引き続き、弊社の活動にご期待ください!

関連記事