よしだよりVol.4:スタートしました(2022年4月)

4年目スタートを機に

いつもお世話になっております。
合同会社ぜんと代表の吉田克彦です。つきなみな表現ですが、春は出会いと別れの季節ですね。弊社のこの春は、幸いにも別れはなく新たな出会いとスタートの年となりました。

前回、お伝えしたようにこの春は、noteの連載をスタートさせ、入札とスタッフの増員を行いました。おかげさまで入札も無事落札することが出来、素敵なスタッフも加入いたしました。
幸先の良いスタートを切ることが出来ています。

金子書房さんのNoteで連載開始

金子書房さんのNoteで、家族療法家の臨床ノート―事例で学ぶブリーフセラピーという連載を開始いたしました。
内容としては、私が20年以上実践しているブリーフセラピーと家族療法について、心理職の方はもちろん、誰もが仕事や家族関係で活かしてもらえるようにわかりやすく紹介しております。
難しい本質の部分までできるだけわかりやすく、誰でも実践できることが目標です。私の文才のなさと表現力の乏しさを痛感しつつも頑張っております。
実は、2020年の4月にこの企画を始めてほぼ2年かかってやっとのリリース。すべて私の遅筆のせいですが、その分、本当に「誰でもできる」ことを意識して書いていますので、ぜひご小梁頂けると幸いです。
なお、当サイトでもこぼれ話を書いていこうと思います。この2年間で書いては消し、書いては消しを続けてきた自分の中の迷いやこだわったことなどを話せればと考えています。

入札成功、海上自衛隊横須賀基地への訪問開始

自治体や国の出先機関などの2022年度の業務を請け負う入札にしました。初めてのことなのでいろいろと分からなことだらけでしたが、無事に海上自衛隊横須賀基地の部外カウンセラー委託について落札できました。訪問する最適なスタッフも確保できました。
初めての入札で戸惑いましたが、実際のカウンセリング業務については自信がありますので、後は最善を尽くすだけです。

新入社員研修の受託

4月ということで、新入社員研修の依頼を多くいただいております。
研修専門の会社とは違いますが、弊社はメンタルヘルスの専門集団としての自負があります。また、ご依頼に合わせて一つ一つ企画を組み立てるオーダーメイドな研修を重視しています。私も企業で働いていた経験があり、多くの研修を受けることもありましたが、使いまわされた研修で自社に不要な内容だったり、場合によっては自社の内容と正反対の内容だったこともありました。そういう研修は、受講される社員さんにとっても、会社にとってもマイナスでしかありません。
「ぜんとに依頼してよかった」「ぜんとの研修を受けてよかった」と皆さんに思ってもらえるように引き続き研修力の向上に努めてまいります。

大事なことはスタートすることではなく完走すること

新たなNoteの連載、入札案件の受託という取り組みと、これまでの新入社員研修のさらなる充実を図っています。
大事なことはスタートすることではなく完走することだと考えています。何事も始めるのは簡単ですが、続けることは非常に難しいと、法人を設立してから特に実感しています。
他にもいろいろな企画を考えておりますが、大事なことは皆さんの役に立てること。どんなに騎乗ではいい企画だったとしても、始めてから周囲にご迷惑をかけるようでは意味がないと思います。
楽しみながら、コツコツと進めていきたいと思います。

引き続き、皆さんの、ご支援・ご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

関連記事