ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は、子どもや若者のコミュニケーションや社会生活に欠かせないツールとなっています。SNSを通じて、友人や家族とつながり、情報を共有し、新しい関係を築くことができます。しかし、その一方で、SNSでの友人関係のトラブルは、子どもや若者の精神的健康や自尊心に深刻な影響を与える可能性があります。

近年、SNSでのいじめや嫌がらせ、誹謗中傷などの問題が増加しており、社会的な懸念事項となっています。子どもや若者は、SNS上での人間関係の複雑さや、コミュニケーションの誤解から生じるトラブルに巻き込まれやすく、適切な対処法を知らないために、深刻な悩みを抱えてしまうことがあります。

本記事では、SNSトラブルの原因、影響、そして解決策について詳しく探ります。子どもや若者がSNSを安全かつ有意義に利用できるよう、保護者や教育関係者に実践的な情報を提供することを目的としています。

目  次

SNSトラブルの一般的な原因

SNSでの友達とのトラブルには、様々な原因が考えられます。以下に、代表的な原因をいくつか挙げます。

メッセージの誤解や行き違い

SNSでのコミュニケーションは、主にテキストベースで行われます。そのため、言葉の抑揚や表情、ボディランゲージなどの非言語的な情報が欠落しがちです。これにより、メッセージの意図が正しく伝わらず、誤解や行き違いが生じることがあります。冗談のつもりで送ったメッセージが、相手を傷つける可能性もあるのです。

プライバシーの侵害や個人情報の共有

SNS上では、個人情報の共有やプライバシーの侵害が起こりやすくなっています。子どもや若者は、自分の情報を安易に公開したり、友人の個人情報を許可なく共有したりすることがあります。これによって、トラブルが発生し、友人関係が悪化することがあります。

コミュニケーションの不足や誤り

SNSでのコミュニケーションは、face-to-faceの対話とは異なり、リアルタイムではないことが多いです。返信が遅れたり、メッセージが見落とされたりすることで、コミュニケーションの不足や誤りが生じます。これが友人関係のすれ違いや誤解を招く原因となることがあります。

故意の嫌がらせ

SNS上では、友人の投稿や交友関係が可視化されるため、嫉妬や比較の感情が生まれやすくなります。また、匿名性を利用したいじめや誹謗中傷、意図的な仲間外れなども起こりがちです。これらは、子どもや若者の自尊心を傷つけ、精神的な苦痛をもたらします。

SNS上のトラブル具体例

SNS上では、さまざまなトラブルが発生します。

仲間はずれ

ともだちで作る、グループLINEの中で起きるいじめです。

勝手に退会させられたり、発信してもみんなに無視されたりバカにされるなどして、仲間はずれにされてしまいます。

写真や動画を使ったいじめ

本人の了承なしに撮った写真や動画を面白おかしく加工して、他の人に拡散することで、本人を深く傷つけます。

一度広まった写真や動画は、回収しきれないので、本人の将来や社会的立場に大きく影響してしまいます。

犯罪に巻き込まれる

こどもを狙った犯罪は後を絶ちません。親が知らない間にこどもが危ないサイトを通じて、犯罪に巻き込まれるケースもあります。

トラブルが起こってしまったら

こどもからネットいじめを受けていると言われたら、びっくりするかもしれませんが、まずはこどもの話を最後までよく聴きましょう。
そしていじめは良くないこと、相談してくれて嬉しく思っていることを伝えるなら、その後もこどもから正確な情報を得られやすいかもしれません。。

いじめの原因になったインターネット上のやり取りをスクリーンショットなどして証拠として保存しておくなら、学校に相談する際に役立ちます。
内容が悪質なら、サイト管理者やプロバイダーに連絡したり、警察に行って相談することもできます。

SNSトラブルが及ぼす影響

SNSでのトラブルは、子どもや若者の心理的健康に大きな影響を与えます。以下に、具体的な影響を説明します。

自尊心の低下と自己肯定感の喪失

SNSでのトラブルは、子どもや若者の自尊心を傷つけ、自己肯定感を低下させます。特に、いじめや誹謗中傷の被害に遭った場合、自分自身に対する否定的な感情を抱きやすくなります。「自分は価値がない」「友達に嫌われている」といった思い込みが強くなり、自信を失ってしまうのです。

孤立感や疎外感の増大

SNSでのトラブルによって、子どもや若者は孤立感や疎外感を感じることがあります。仲間外れにされたり、グループから排除されたりすることで、所属感を失い、孤独を感じます。また、オンライン上での人間関係の悩みを周囲に相談できずに、一人で抱え込んでしまうこともあります。

不安やストレス、抑うつ症状の悪化

SNSトラブルは、子どもや若者の不安やストレスを増大させます。常にオンラインでの人間関係を気にしなければならない状況は、精神的な負担となります。トラブルが長期化したり、解決が難しかったりする場合、抑うつ症状が現れることもあります。

学校生活や対人関係への悪影響

SNSでのトラブルは、学校生活や対人関係にも悪影響を及ぼします。オンライン上での問題が、現実の人間関係にまで波及することがあるのです。友人関係の悪化により、学校に行きたくなくなったり、学習への意欲が低下したりすることがあります。

スマートフォンの管理と保護者の役割

保護者は、子どものスマートフォン利用を適切に管理することで、SNSトラブルのリスクを減らすことができます。以下に、保護者ができる具体的な方法を紹介します。

アプリの使用制限やフィルタリングの設定

子どもが使用するSNSアプリを把握し、適切な使用制限を設定することが重要です。フィルタリング機能を活用し、子どもの年齢に合わせてアプリの利用を制限しましょう。また、アプリ内での購入やゲームの利用時間なども管理することが必要です。

スクリーンタイムのルール設定と管理

スマートフォンやSNSの使用時間を適切に管理することも重要です。家庭でスクリーンタイムのルールを設定し、子どもと一緒に守っていくことが大切です。例えば、食事中や就寝前のスマートフォン使用を控えるなど、メリハリのある使い方を心がけましょう。

具体的には、以下のような方法が効果的です。

子どもとSNSの利用目的や注意点について話し合う

子どもがSNSを使う理由や目的を聞き、適切な利用方法について一緒に考えましょう。SNS上での個人情報の扱いや、トラブルが起きた場合の対処法なども、子どもと話し合っておくことが大切です。

適切なプライバシー設定を確認する

子どもがどのようなSNSアプリを使っているのか、把握することが重要です。また、各アプリのプライバシー設定を確認し、子どもの情報が適切に保護されているか確認しましょう。

スクリーンタイムのルールを設定し、使用時間を決める

家族で話し合い、スマートフォンやSNSの使用時間のルールを決めましょう。年齢に応じて、1日のスクリーンタイムを制限することも効果的です。ルールを決める際は、子どもの意見も聞き、納得した上で実践することが大切です。

子どもとの会話を増やし、異変があれば話し合う

子どものSNS上での交友関係に関心を持ちましょう。新しい友達ができたときは、どのような人なのか聞いてみてください。また、子どもの様子に変化があったら、優しく話を聞き、悩みを共有することが大切です。

SNSトラブルが発生した場合の対処法を子どもと一緒に考える

SNSトラブルが起きた場合、子どもが一人で抱え込まないよう、保護者が支えることが重要です。トラブルの内容を聞き、解決策を一緒に考えましょう。必要に応じて、学校やカウンセラーに相談することも大切です。

保護者が子どものSNS利用に適切に関与することで、トラブルのリスクを最小限に抑え、健全なオンラインでのコミュニケーションを促すことができるのです。子どもの安全と健康を守るために、保護者の役割は欠かせません。

予防策とガイドライン

SNSトラブルを予防するためには、子どもや若者自身が適切なSNS利用方法を身につけることが重要です。以下に、効果的なガイドラインを紹介します。

SNS上でのエチケットとマナーを守る

SNS上でのコミュニケーションにおいても、現実世界と同様のエチケットやマナーが求められます。相手の気持ちを考え、思いやりのある言葉遣いを心がけることが大切です。また、相手を傷つけるような発言や、プライバシーを侵害するような行為は避けるべきでしょう。

プライバシー設定を適切に管理する

自分の個人情報を守るために、SNSのプライバシー設定を適切に管理することが重要です。アカウントを非公開にしたり、投稿の閲覧範囲を限定したりするなど、自分の情報を誰がどこまで見られるのかをコントロールしましょう。

個人情報の共有には慎重になる

SNS上で個人情報を安易に公開することは避けるべきです。氏名、住所、電話番号、学校名などの情報は、悪用される可能性があります。また、友人の個人情報を許可なく共有することも、トラブルの原因となります。

問題が発生した場合は、すぐに保護者や信頼できる大人に相談する

SNSでトラブルが発生した場合、一人で抱え込まずに、保護者や信頼できる大人に相談することが大切です。問題を早期に発見し、適切な対処を行うことで、深刻な事態を防ぐことができます。

これらのガイドラインを日常的に実践することで、SNSトラブルのリスクを最小限に抑えることができるでしょう。また、学校や地域社会が連携し、SNSリテラシー教育を推進することも重要です。

対処法と解決策

SNSトラブルが発生した場合、適切な対処を行うことが重要です。以下に、効果的な対処法と解決策を紹介します。

1. 問題の全容を把握する

トラブルが発生した際は、まず問題の全容を把握することが大切です。どのような経緯でトラブルが起きたのか、誰が関係しているのかなど、情報を整理しましょう。子どもから話を聞く際は、批判せずに耳を傾け、子どもの感情を受け止めることが重要です。

2. 子どもの感情を受け止め、サポートする

SNSトラブルに巻き込まれた子どもは、不安や怒り、悲しみなどの感情を抱えています。保護者は、子どもの感情を共感的に受け止め、サポートすることが大切です。「あなたを守るためにここにいるよ」「一緒に解決策を考えていこう」など、子どもに寄り添う言葉をかけましょう。

3. 必要に応じて、学校やカウンセラーに相談する

トラブルの内容によっては、教員やスクールカウンセラーに相談することも必要です。特に、いじめや誹謗中傷など、深刻な問題が発生した場合は、専門家の助言を求めることが重要です。学校と連携し、適切な対応を行いましょう。

4. トラブルの相手との対話を試みる(ただし、慎重に)

トラブルの相手と直接対話を試みることで、問題を解決できる場合もあります。ただし、安全が確保されない状況での対話は避けるべきです。オンライン上での対話も、慎重に行う必要があります。対話の際は、感情的にならずに冷静に話し合うことが大切です。

5. 今後の予防策を子どもと一緒に考える

トラブルが解決した後は、今後の予防策を子どもと一緒に考えましょう。同じようなトラブルを防ぐために、どのようなことに気をつければよいのか、子どもの意見を聞きながら話し合います。SNSの使い方を見直したり、新しいルールを設定したりすることも有効でしょう。

家庭でのサポートの重要性

子どもがSNSを健全に使えるようになるには、家庭でのサポートが欠かせません。保護者は、以下のような方法で子どもを支援することができます。

オープンなコミュニケーションを心がける

子どもとSNSについてオープンに話し合うことが大切です。子どもの経験や思いを聞き、共感的に理解しようと努めましょう。子どもが安心して悩みを打ち明けられる雰囲気づくりが重要です。

適切なSNS利用のお手本になる

保護者自身がSNSを適切に使う姿を見せることも大切です。思いやりのあるコミュニケーションや、プライバシーの保護など、子どもに身をもって示しましょう。

保護者が寝床でずっとスマートフォンを触っていたのでは、子どもも同じことをしても注意しにくいでしょう。子どもにさせてはいけないことは保護者がまずやらないことが大事です。

必要な時には助けを求める

子どものオンライン上のトラブルが起きた場合、保護者だけで対処するのは難しいこともあります。

その場合は、学校や相談機関などに相談しましょう。「恥ずかしいから」などと、隠しているとさらに悪化してしまいます。
子どもを守るために、周囲のサポートを活用することが重要です。

直接のコミュニケーションの大切さを伝える

SNSでのコミュニケーションの重要性は認めつつ、対面での会話の価値も子どもに伝えましょう。直接会って話すことで、相手の表情や反応を読み取り、より深い理解につながります。バランスの取れたコミュニケーション方法を学ぶことが、子どもの健全な成長に役立ちます。

家庭は、子どものSNS利用を支える基盤です。保護者の理解と支援があってこそ、子どもはSNSと上手に付き合っていくことができるのです。

【関連記事】
不登校になりやすい家庭の特徴は? 子どもがのびのび生活できるコツ
親子の会話がなくて子どもの気持ちがわからない

まとめ

SNSでの友達とのトラブルは、子どもや若者にとって大きな課題ですが、適切な予防策と対処法を身につけることで、乗り越えることができます。保護者は、子どものスマートフォン利用を管理し、SNSの健全な使い方を促すことが求められます。また、子ども自身がSNSリテラシーを高め、トラブルを未然に防ぐスキルを身につけることも重要です。

学校や地域社会も、SNSトラブルの予防と解決に向けて、積極的に取り組む必要があります。SNSリテラシー教育の推進や、トラブル発生時の支援体制の整備など、多角的なアプローチが求められます。

子どもや若者がSNSを安心して利用できる環境を作るために、保護者、教育関係者、そして社会全体が協力していくことが不可欠です。一人一人ができることから始め、子どもたちの健やかな成長を支えていきましょう。

次のステップとして、以下のようなことから始めてみてはいかがでしょうか。

家庭でできるSNS対策
  1. 子どもとSNSの適切な使い方について話し合う
  2. 家族でスマートフォンやSNSの使用ルールを決める
  3. 学校や地域の取り組みに積極的に参加する
  4. SNSリテラシーについて自分自身も学ぶ

SNSは、使い方次第で子どもの成長を助ける有益なツールにもなり得ます。上手に付き合っていくためのスキルを、子どもと一緒に身につけていきましょう。そして、困ったときには周囲の支援を求めることを忘れないでください。子どもの笑顔を守るために、今日から一歩を踏み出してみませんか。

初回相談無料+2回まで返金保証
初回無料で相談する
5回の面接でご家族の人生が変わる

不登校なんでも相談室のおすすめ記事はこちら

不登校に関する質問募集中
不登校なんでも質問箱
匿名OK お気軽に