不登校なんでも相談室
【お腹が痛くて学校に行けない】過敏性腸症候群(IBS)は、カウンセリングでも改善する!症状・原因・対策を解説

過敏性腸症候群(IBS)は、腹痛、腹部膨満感、便秘、下痢、消化不良などの症状を引き起こす消化器疾患です。このページでは症状・原因・対策について医師監修のもと、公認心理師が解説します。

続きを読む
不登校なんでも相談室
子どもの自己肯定感を高めるための親のアプローチ新着!!

学校へ行くことが難しいと感じているお子さんの心中には、しばしば自己価値の問題があります。この自己肯定感をどう育てるかが、不登校問題解決の鍵を握っています。家庭でできる簡単な方法から始め、子どもが自分自身を肯定的に捉えられる手助けをしましょう。

続きを読む
不登校なんでも相談室
不登校とゲーム依存: 子どもの心理と親ができること

「うちの子は最近、学校に行かなくなって、ゲームばかりしているの…」。このような悩みを抱えている親御さんは、決して少なくありません。不登校の子どもがゲームに熱中するのは、現実の辛さから逃避したい気持ちがあるからかもしれません。でも、ゲームに依存しすぎると、昼夜逆転の生活になったり、体調を崩したりと、さらに問題が深刻化してしまうことも。親として、どうすれば子どもの心に寄り添いながら、ゲームとの上手な付き合い方を見つけられるのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

続きを読む
不登校なんでも相談室
子どもに「学校に行きたくない」と言われたときの家族の対応 カウンセラーが徹底解説

子どもが「学校に行きたくない」と言ったら、保護者は戸惑うでしょう。休むのを認めていいのか、無理に学校に行かせるべきか。仕事に行けなくなってしまう。いろいろなことを思うでしょうが、ここの対応がその後の不登校を大きく左右します。

続きを読む
不登校なんでも相談室
小学校デビューの壁、小1プロブレムに注意!

【PR】この記事には広告を含む場合があります。 小1プロブレム 小学校に入学するという大きな節目は、子どもたちにとっても、私たち保護者にとっても、喜びと同時に多くの挑戦をもたらします。特に、小1プロブレムという課題は、私 […]

続きを読む
不登校なんでも相談室
子どもが不登校になって仕事を続けられるか?【カウンセラーが徹底解説】

共働きだと不登校になりやすい? 不登校は、共働きの家庭に特有の問題とは言えませんが、親の不在時間が長くなることで子どもが孤独を感じやすくなる場合があります。また、一緒に過ごす時間が少ないため、子どもの不調のサインに気づき […]

続きを読む
不登校なんでも相談室
担任との関係が悪く不登校になった場合の適切な対応は?カウンセラーが解説

不登校の原因の約3割が「学校の先生」だとされています。特に、担任の先生との関係は重要です。どのような問題があるのか、子どもだけでなく保護者が担任と良い関係を築くにはどうすればいいか、スクールカウンセラー20年超の経験から解説します。

続きを読む
不登校なんでも相談室
場面緘黙:家では話せるけれど学校では話せない/原因と対応を解説

この記事では、不登校との関連が深い「緘黙」についてご紹介します。
緘黙とは何か、原因、よくある誤解、緘黙に悩むこどもたちをどうサポートしてあげられるかについて取り上げています。

続きを読む
不登校なんでも相談室
HSC/HSP「繊細過ぎて不登校になってしまった」その理由と対処法を紹介

不登校の中には、HSPやHSCといった特性を持つ子どもたちもおり、彼らは特に繊細で敏感なため、学校生活がストレスとなることがあります。しかし、これらの子どもたちに対する適切な理解とサポートが必要です。

続きを読む
不登校なんでも相談室
中学生活のスタートに立ち向かう:中1ギャップとその克服法新着!!

中学校に入学したばかりの子どもが、急に学校に行きたがらなくなったり、家に引きこもるようになったりしたことはありませんか?これは「中1ギャップ」と呼ばれる現象で、多くの子どもたちが中学校への進学時に経験する適応の難しさを表しています。新しい環境、勉強の難易度の上昇、友人関係の変化など、様々な要因が重なって、子どもたちは大きなストレスを感じているのです。保護者の皆さんも、子どもの変化に戸惑い、どのように接していいのか分からないことがあるでしょう。でも、安心してください。中1ギャップを乗り越えるための方法があります。本記事では、中1ギャップの原因や兆候、そして保護者ができる具体的な支援策について詳しく解説します。

続きを読む